製品情報

工作機械トップ  >  製品案内  >  DLFn 搬送装置DLL3+ 垂直多関節型ロボット

搬送装置DLL3+ 垂直多関節型ロボット

搬送装置DLL3+ 垂直多関節型ロボット

ロボット構成

ローディング時・アーム収納時イメージ

省スペースでモジュール間の移動が可能です。
2面ロボットチャックを採用。
ワーク着脱を最短9.6秒で行います。
ロボット本体内にワーク反転装置を内蔵しており、ワーク反転専用のスペースが不要です。

ベース2台分を1基のロボットで対応可能

直進動作

直進動作

ロボットチャック、アーム1、アーム2の同時動作で直進動作によるワークの受け取り、受け渡しが可能。

反転装置

反転装置

ロボットチャック、アーム1、アーム2の同時動作で直進動作によるワークの受け取り、受け渡しが可能。

搬送装置仕様

項目   DLL3+
最大可搬サイズ mm Φ200×100 Φ300×100 Φ300×100
最大可搬質量 kg 5+5 5+5 10+10
ロボットチャック旋回最高速度 °/sec 600
アーム1旋回最高速度 °/sec 270
アーム2旋回最高速度 °/sec 180
テーブル旋回最高速度 °/sec 180
左右走行最高速度 m/min 70
前後動作最高速度 m/min 70 70 50
上下動作最高速度 m/min 70 70 50
反転テーブル180°旋回 sec 0.8 0.8 1.2
ロボットチャックタイプ H-TYPE H-TYPE B-TYPE
ロボットチャックストローク mm Φ25
最短1サイクルタイム sec 34.7 37.8 43.1
最短ローディングタイム sec 9.6 10.4 12.2

ページの先頭へ戻る