ターンキーシステム

工作機械トップ  >  製品案内  >  ターンキーシステム

ターンキーソリューション

多彩な周辺装置オプションからお客様のライン生産をシステムトータルコーディネートし、
効率的な生産ラインの構築を実現します。

ターンキーソリューション

  • ワークストッカー

    ワークサイズに合わせて10パレット、12パレット、が選択できます。IN装置、OUT装置、またはIN/OUT共用装置としても使用でき、ラインの無人化に寄与します。

  • 検測装置

    加工済みワークの寸法を測定します。また、測定結果をNCにフィードバックし自動的に寸法補正を行うことができ、加工ラインの品質を維持できます。

  • ピッチコンベア

    ワークをコンベア上にてストックできます。IN装置、OUT装置として使用しラインの自動化に寄与します。

※ そのほかにも多彩な周辺装置をご用意しておりますので、ご相談ください。 フォームでのお問い合わせはこちら

MAXロボットシステム

ロボットコントローラMAX-SP1

出荷実績5500台の信頼に裏打ちされたロボットコントローラーFCSの、制御技術と操作性を飛躍的に進化させた次世代ロボットコントローラーです。

従来の最短経路と最速経路の比較

最速経路自動ルーティング

目的位置を表示するだけで、複数の制御軸の加減速によるロスタイムを限りなく0に近づけます。これにより従来のコントローラに比べて、約20%のサイクルタイムを短縮します。

MAXの制御方法

スムースエコ

ロボットコントローラーは、スピードの追求だけでなく、省エネ運転に対応しています。ラインタクトに最適なロボット動作を自動的に運用することでロボットの消費電力を最大35%減を実現しました。

消費電力量比較グラフ

CSシリーズに搭載の高速3軸ガントリーロボット

高速3軸ガントリーロボット

ワーク着脱時間の無駄を削減し、サイクルタイム短縮を可能とする高速3軸ガントリーロボットを採用しました。制御には信頼性の高いFUJI独自制御:MAX-SP1を採用し、安定的かつ高速でのワーク供給を可能としました。

スイベル式ロボットチャック

スイベル式ロボットチャック

ロボットチャックにはスイベル機構を採用しサイクルタイム短縮を可能としました。

ページの先頭へ戻る